「まぐろ=刺身」というイメージが定着している日本。
しかし、三浦では、生で食べる文化とは別に、昔からいろいろな部位を
美味しい料理にして食べてきました。
その三浦の人たちが愛した地元グルメの一つが、「まぐろラーメン」です。
忙しい仕事の合間に、サッと食べられてボリュームたっぷりの中華料理店は、
まぐろ漁でにぎわっていたころから人気があり、港周辺に数多くあります
三浦の人たちにとって、「まぐろを中華で食す」ことは、必然だったのかもしれません。
ところが、時代の流れとともに、その味は幻となってしまいました。
2007年、有志が集い、研究を重ね、新たな「まぐろの食文化」とすべく、
幻の地元グルメを復活させました。
画像
画像
まぐろ出汁のスープは、あくまでも澄んでいながら奥深い。
スープに横たわる麺は、懐かしさを感じる細めの麺。
トロリとしたあんには、ゴロゴロとまぐろの角煮がたっぷり。
水菜とねぎのトッピングが、さわやか。
●まぐろ出汁スープ●
まぐろをていねいに下ごしらえし、火加減の調整でより透き通っていながらも、
旨味を抽出していく。
このまぐろスープに鶏ガラスープ(店により鶏ガラ・豚ガラスープ)を合わせて、
さらに、味わいを深めていく。
麺の画像
●特製麺●
三浦市で唯一の製麺所で作られる。
地元民が子どものころから愛する三浦の味。
麺の太さを昔ながらの中華屋さんで食べた細麺にこだわり、郷愁を誘う。
●まぐろあん●
煮込むとおいしい尾の身を使う。白い筋は、話題のぷるぷるコラーゲン。
まぐろの身は程よい大きさにカットし、調味料・香味野菜等で、ていねいに下味をつける。
コクが増す干し椎茸、さわやかな香りを添えるセロリ・長葱を加えて煮込む。
味付けのポイントは、オイスターソース等の中華らしい味わいのあんであること。
画像
●トッピング●
数多くの候補の中から、試食を重ねて選ばれたのが、水菜とねぎのベストコンビ。
千切りにしたねぎが、さわやかに香り立つ。